アルコールと睡眠薬が原因のいびき

危険!アルコールと睡眠薬(薬剤)の摂取が原因で起こるいびきと治す方法

危険!アルコールと睡眠薬(薬剤)の摂取が原因で起こるいびきと治す方法

なんだか朝起きても疲れがとれない、しっかり寝たはずなのに身体がだるい、なんて経験はありませんか?

 

睡眠の質が高ければ、短時間でも疲れをとることは可能です。

 

しかしその一方で、睡眠の質が低ければどれだけ寝ても疲れをとることはできません。

 

その疲れがとれない理由、もしかしたら「睡眠時のいびき」にあるのかもしれませんよ!

 

普段はいびきをかかないという人でも、アルコールや睡眠薬を飲んだときにはいびきをかきやすくなるもの。

 

しかしなぜ、アルコールや睡眠薬を飲むといびきをかいてしまうのでしょうか。

 

ここでは、アルコールや睡眠薬を飲むといびきが起こる原因や、その対策法(いびきを治す方法)について紹介していきましょう。

 

アルコールや睡眠薬が原因でおこるいびきとは

危険!アルコールと睡眠薬(薬剤)の摂取が原因で起こるいびきと治す方法

そもそもいびきがおこるのはなぜか、知っていますか?

 

いびきというのは空気の通り道である気道が狭く、空気が気道を通るときに抵抗音がなることで発生します。

 

この抵抗音が、いびきというわけですね。

 

太っている人がいびきをかきやすいのは、喉にも脂肪がついており気道が狭くなりやすいためだと言えるでしょう。

 

アルコールや睡眠薬を飲んだときにおこるいびきの原因について、見てみましょう。

 

アルコールの場合

アルコールを飲むと、全身の筋肉が緩みます。

 

適度にアルコールが入っている状態は、とてもリラックスしていますよね?

 

リラックスしているということは、すなわち筋肉が緩んでいる(緊張していない)ということ。

 

気持ちいい気分になれるのも、アルコールのメリットの1つでしょう。

 

そんなアルコールですが、飲むと筋肉が緩くなるため、睡眠時に舌が喉の奥に落ち込みやすくなってしまいます。

 

筋肉が緊張していればキュッとしまっているところ、筋肉が弛緩しているためダラーンとしてしまうイメージですね。

 

舌が喉の奥に落ち込むと気道が狭くなり、いびきをかく原因になるのです。

 

また、アルコールといびきの関係はこれだけではありません。

 

アルコールを飲むとポカポカと身体が温かくなりますよね。

 

これは血管が拡張し、血液の流れがよくなっている証拠。

 

全身の血管が拡張してしまうため、鼻の奥の血管も膨張し、それによって鼻づまりを招いてしまうことも…。

 

鼻がつまれば、当然口呼吸になりますから、いびきをかくリスクも高くなるというわけです。

 

睡眠薬の場合

睡眠薬は、その強さにもよりますが、少なからずみな「筋弛緩作用」があるもの。

 

筋弛緩作用とは、文字とおり筋肉を弛緩させて緊張をほぐすという役割があります。

 

ヒトは眠るとき、リラックス状態になるため副交感神経が優位な状態になります。

 

言い換えれば、副交感神経が優位にならなければリラックス状態にはならない、すなわち眠れないということ。

 

睡眠薬に頼るほど寝付きが悪いわけですから、何かしら緊張する要因があるのでしょう。

 

睡眠薬は筋弛緩作用によって全身の筋肉を緊張から解放し、リラックス状態にすることが目的でもあるのです。

 

そんな筋弛緩作用効果は、喉の筋肉にも影響を与えます。

 

喉の筋肉も緩んでしまい、気道が狭くなるためいびきをかいてしまうのです。

 

アルコールや睡眠薬でおこるいびきの治し方、対策について

危険!アルコールと睡眠薬(薬剤)の摂取が原因で起こるいびきと治す方法

アルコールや睡眠薬を飲んだことによっておこっているいびきは、大抵が一過性のものです。

 

常にいびきをかくわけではなく、アルコールや睡眠薬を飲んだときにだけいびきをかくのならば、それほど心配する必要はありません。

 

アルコールや睡眠薬を飲むことをやめれば、いびきも改善するはずですから。

 

しかし問題なのは、「アルコールや睡眠薬に頼らなければ眠れない」場合です。

 

適度なアルコールは寝付きを良くするためにもおすすめですが、浴びるほど飲むのは健康のためにも良いことではありません。

 

アルコールを飲むのなら、寝る直前に飲むことは控えましょう。

 

寝る直前や深夜に飲むと、いびきがおこりやすくなってしまいます。

 

また、アルコールの量といびきの大きさは比例すると考えられていますから、適量でやめておくことも重要です。

 

アルコールを飲むことがダメというわけではありませんが、飲み過ぎには注意してくださいね。

 

では、睡眠薬についてはどうでしょう。

 

なぜ睡眠薬を使わなければならないのか、その原因を探ってみることも大切です。

 

ストレスや生活習慣が原因ならば、できるところから改善していきましょう。

 

また、いびきの対策として「横向きで寝る」こともおすすめ。

 

仰向けだと舌が喉の奥に落ち込みやすくなるので、横向きで寝ることを意識してみてください。

 

抱き枕を使うと、違和感なく横向きで寝ることができますよ!

 

いびきをかいているということは、眠りが浅い証拠でもあります。

 

日頃の疲れをしっかりととるためにも、いびきをなくして良質な睡眠を得たいものですね。

 

アルコールと睡眠でのいびき:まとめ

危険!アルコールと睡眠薬(薬剤)の摂取が原因で起こるいびきと治す方法

アルコールと睡眠薬によっていびきがおこる原因や、その対策法(治し方)について紹介しました。

 

いかがでしたか?

 

アルコールや睡眠薬を飲むと筋肉が緩み、それによって「いびきがおこりやすい状態」を作っているのです。

 

アルコールは、飲む量やタイミングによっていびきを起こりにくくすることは可能です。

 

いびきをかいていると自分自身も疲れがとれませんし、一緒に暮らしている家族にも迷惑をかけてしまいますから、できることから対策をしていってくださいね。

 

 

「いびきの原因と治し方11選」へ戻る

 

 

危険!アルコールと睡眠薬(薬剤)の摂取が原因で起こるいびきと治す方法

 

危険!アルコールと睡眠薬(薬剤)の摂取が原因で起こるいびきと治す方法

page top