妊娠が原因のいびきを治す方法

妊娠でいびきがひどくなった原因と治す方法

妊娠でいびきがひどくなった原因と治す方法

女性の一大ライフイベントでもある、妊娠や出産。

 

新しいいのちを我が身に宿し、家族に迎える喜びは何ともいえない幸せな時間ですよね。

 

しかし、妊娠中は常に、様々なリスクと隣り合わせであることも忘れてはなりません。

 

妊娠するとカラダにも多くの変化が現れますよね。

 

その数々の変化のうち、見過ごしてほしくないものの1つに「いびき」があります。

 

普段からいびきをかく女性はもちろん、妊娠してからいびきをかくようになった(ひどくなった)という人もいるでしょう。

 

しかしなぜ、妊娠をきっかけにいびきをかくようになるのでしょうか。

 

その原因や、治す方法について紹介していきます。

 

妊娠が原因で起こるいびきとは

妊娠がきっかけとなっていびきをかくようになる人は、実はたくさんいます。

 

たまにいびきをかく、いびきをかいてもごくわずかであるなら、そこまで心配する必要はありません。

 

しかし、周りの人を不快にするレベルのいびきであるなら、注意が必要です。

 

家族を寝不足にしてしまいますし、出産のときの入院などで同室の人に迷惑をかける恐れもありますからね。

 

なぜ妊娠が原因でいびきをかくのかというと、「体重増加」が理由として挙げられます。

 

妊娠中は、女性ホルモンの働きによって脂肪がつきやすくなります。

 

お腹周りだけでなく、全体的にふっくらとしてきますよね。

 

妊娠中に太るのは問題ないという見方もありますが、あまりにも太りすぎてしまうのはNG。

 

首周りにも脂肪がついて、気道が狭くなってしまいます。

 

とはいえ、妊娠中のいびきは一時的なものなんだから、そこまで重要視しなくてもいいのでは?と思う人もいるでしょう。

 

確かに妊娠中のいびきは一時的なもので、出産後に体重が戻ればいびきも治る可能性が高いです。

 

しかし、妊娠中のいびきが赤ちゃんに影響を与える可能性があると聞いても、まだ重要視しなくてもいい!と言えますか?

 

妊娠中のいびきが胎児に与える影響

妊娠中にいびきをかいていると、以下のようなリスクの危険性が高まります。

 

@低体重児

妊娠中にいびきをかくということは、それだけ酸素が少ないということでもあります。

 

いびきは睡眠障害の1つであり、空気をたくさん吸えないために起こります。

 

妊娠中は赤ちゃんのためにも、たくさんの酸素が必要な時期。

 

赤ちゃんがお腹のなかで成長していくためにも、酸素は必要不可欠です。

 

その酸素が少ないわけですから、赤ちゃんの成長に支障をきたし、低体重児となるリスクが高まってしまいます。

 

A難産、帝王切開

2つめのリスクは、難産や帝王切開になる可能性が高くなるというもの。

 

いびきをかくほど太ったということは、首周りだけでなく産道にも脂肪がついていると考えられます。

 

これでは赤ちゃんがスムーズに出てこられずに難産になったり、緊急帝王切開になることも。

 

最悪の場合はお産のときに赤ちゃんに酸素が足りなくなり、脳に障害が出る危険性もあるんですよ。

 

B妊娠中毒症

3つめは、妊娠高血圧などの中毒症にかかるリスク。

 

太りすぎてしまうと、妊娠高血圧や妊娠糖尿病などの中毒症にかかるリスクも高くなります。

 

中毒症は赤ちゃんにも影響を与えますから、もしもなってしまうと管理入院が必要になります。

 

早産などのリスクも高めますので、予防するに越したことはないでしょう。

 

 

このように、たかが妊娠中のいびきと思っても、赤ちゃんに多大なるリスクを与えてしまうのです。

 

妊娠中のいびきは自分だけの問題ではないので、しっかりと対策をしていきたいものですね。

 

妊娠が原因で起こるいびきを治す方法とは

妊娠でいびきがひどくなった原因と治す方法

では、妊娠が原因で起こるいびきを治す方法には、どんなものがあるのでしょうか。

 

普通なら、いびきの原因を改善することでいびきを治すことができますが、今回のいびきの原因は妊娠。

 

妊娠をやめることはできませんから、いびきを治すのも少々厄介と言えるかもしれません。

 

首周りに脂肪がついていびきが起こる場合はダイエットをするのが一般的ですが、妊娠中の場合は軽々しくダイエットをしよう!とは言えませんからね(あまりにも体重増加が著しい場合、医師から食事指導などが行われることはあります)。

 

つまり、妊娠中のいびきを治す方法はなく、あくまでも「対処療法」になるということを頭に入れておいてください。

 

横向きで寝る

妊娠中はお腹が大きくなって寝苦しいこともあり、すでに横向きで寝ている!という人も多いかもしれません。

 

仰向けだと重力によって舌が下がりやすく、余計にいびきをかきやすくなってしまいます。

 

横向きで抱き枕を足に挟むようにすると、大きくなったお腹を圧迫することもなく、楽に寝ることができます。

 

横向きならいびきもかきにくいので、まさに一石二鳥ですね。

 

ツボ押しをする

喉仏から指2本分外側のところに、人迎(じんげい)というツボがあります。

 

左右それぞれにあるので、ここを左右の親指で優しく押してみましょう。

 

人迎には首周りの血行を良くする働きがありますから、いびきの改善にも効果的。

 

薬やサプリなどでの対策は控えたい妊娠中でも、ツボ押しなら安心して行うことができますね。

 

また、1人目の妊娠中にいびきがひどくなったという経験のある人は、2人目の妊娠時にはいびきをかかなくてすむよう、適切な体重管理をしていくことも大切です。

 

太りすぎなければいびきも起こりませんから(他の原因がある場合を除く)、いびきが起こらないよう予防していくことも忘れずに。

 

妊娠が原因のいびきを治す方法:まとめ

妊娠でいびきがひどくなった原因と治す方法

妊娠が原因で起こるいびきと、それを治す方法についてお話ししました。

 

妊娠中は脂肪がつきやすくなるので、それによっていびきを引き起こしてしまっています。

 

妊娠という特別な時期でもあるため、いびきの原因をなくすことはできず、根本から治すこともできません。

 

とはいえ、いびきをかきにくい対策をすることはできますし、あらかじめいびきをかかなくてすむように体重管理をしていくこともおすすめです。

 

健康で楽しいマタニティーライフを送れるよう、いびき対策をしっかりと行っていきましょう!

 

 

「いびきの原因と治し方11選」へ戻る

 

 

妊娠でいびきがひどくなった原因と治す方法

 

妊娠でいびきがひどくなった原因と治す方法

page top