キャンプのテントの中のいびき

よし!キャンプへ行こう!テントの中でいびきをかかないためにすること3選

よし!キャンプへ行こう!テントの中でいびきをかかないためにすること3選

自然を楽しむレジャーといえば、やはり思い浮かぶのはキャンプでしょう。

 

ファミリーやカップルで、自然を楽しむために毎年キャンプをしているという人もいるかもしれませんね。

 

キャンプ場の夜はとても静かなので、星空を眺めたり虫の声を聞いたりするのも楽しみの1つなのではないでしょうか。

 

しかし、そんなキャンプ場の夜を揺るがすことが1つ…。

 

そう、「イビキ」です。

 

いびきは自分の家族だけでなく、他のキャンプを楽しむ人にも迷惑をかけてしまいます。

 

やはり「自分はいびきをかくんだ」と自覚しているのなら、キャンプ中テントの中でいびきをかかないようにするために、しっかり対策をしていかなくてはなりません。

 

ここでは、キャンプで他の人に迷惑をかけないために、やるべき3つの対策について紹介します。

 

いびきをかくけどキャンプへ行きたい!という人は、ぜひ試してみてくださいね。

 

@口呼吸を改善する

よし!キャンプへ行こう!テントの中でいびきをかかないためにすること3選

いびきをかく最大の理由を、あなたは知っていますか?

 

それはずばり、何らかの理由で口呼吸になっていること。

 

私たちヒトは、本来ならば口呼吸をする生き物ではありません。

 

鼻呼吸をするのが普通なのです。

 

鼻から呼吸をすることで常にきれいな空気を体内に取り込むことができ、かつ潤った空気を取り込むことができています。

 

しかし口呼吸をすると乾いた空気を直接喉に送り込んでしまいますから、喉が乾燥していびきをかきやすくなってしまう、というわけ。

 

口呼吸になると舌が喉の奥に落ち込みやすくなり、上気道を圧迫することでいびきとなります。

 

テントの中でもいびきをかく人は、たいていが口呼吸。

 

つまり、口呼吸を改善できればいびきもかかなくなるわけです。

 

鼻づまりのある人は鼻腔拡張テープなどで鼻腔を広げると、鼻呼吸ができるようになりますよ。

 

鼻づまりがないのに口呼吸になってしまっているタイプの人は、日頃から口呼吸であるために寝るときにも口呼吸の癖がついてしまっているのでしょう。

 

そんな人は、いびき対策グッズの1つ口閉じテープを使ってみることをおすすめします。

 

医療用のテープで口が開かないようにすることで、強制的に口呼吸を改善していくのです。

 

Aリラックスサプリを飲む

よし!キャンプへ行こう!テントの中でいびきをかかないためにすること3選

キャンプ場やテントといういつもとは違う環境であるため、ストレスや疲労からいびきをかいてしまうことも。

 

特に昼間思い切り体を動かしていますので、普段よりも疲労も溜まっていることでしょう。

 

疲労やストレスが溜まっていると筋肉がいつも以上に緩みやすくなり、寝ているときに舌が落ちやすくなるのです。

 

環境が変われば誰でも多少のストレスは感じるもの。

 

このタイプのいびきを改善するためにおすすめなのは、リラックス成分の配合されたいびき対策サプリを飲むこと。

 

リラックス成分は、ギャバなどが有名です。

 

「いぶきの実」や「サイレントナイト」などの人気のサプリには、リラックス成分としてギャバが配合されています。

 

サプリには即効性はないので、キャンプへ行くことが決まったらできるだけ早めに飲み始めておくことがおすすめ。

 

「サプリを飲んでいる」という安心感からリラックスでき、テントの中でもいびきをかかなくなるかもしれません。

 

Bアルコールを控える

キャンプのときにできるいびき対策の3つ目は、アルコールを控えること。

 

キャンプのときには、ついアルコールを飲みすぎてしまうという人もいるのではないでしょうか。

 

アルコールを寝る前にたくさん飲むと、全身の筋肉が緩んでリラックスした状態になります。

 

筋肉が緩むと舌が喉に落ちやすくなるという話は先ほどしましたね。

 

舌が喉に落ちて上気道を圧迫するだけでなく、アルコールは鼻腔粘膜を充血させることで鼻づまりを招くことも。

 

鼻づまりになれば必然的に口呼吸になりますから、当然いびきをかきやすくなりますね。

 

アルコールをできるだけ控えることはもちろんですが、アルコールを飲んだらいつもより多めに水を飲むこともいびきの対策になります。

 

アルコールと同じ量の水を飲むことを心がけながら、アルコールはほどほどに楽しむようにしてください。

 

テントの中でのいびきは様々な原因によって引き起こされています。

 

いくつかの対策を紹介しましたが、それらと組み合わせて「横向きで寝る」ことも実践してみてください。

 

横向きで寝ると舌が喉の奥に落ちにくくなるので、いびきもかきにくくなるのです。

 

いきなり横向きで寝るのは違和感があるという人は、照明の向きを変えたりタオルケットなどを丸めて背中側に入れたりすると、すんなりと横向きで寝ることができるようになりますよ!

 

横向きで寝るのはいびき対策の基本でもあるので、テントの中でもぜひ試してみてほしいと思います。

 

キャンプのテントの中のいびき:まとめ

テントの中でいびきをかかないための3つの対策について紹介しました。

 

キャンプ場でのいびき対策は、キャンプを楽しむ上での最低限のマナー、言わばエチケットの1つ。

 

普段からいびきをかくという人は特に、しっかりと対策をして行かなくてはなりません。

 

自分はもちろん、回りの人に迷惑をかけないためにも、できるところから対策をしていきましょうね。

 

 

「いびきの原因と治し方11選」へ戻る

 

 

よし!キャンプへ行こう!テントの中でいびきをかかないためにすること3選

page top