いびきの対策と治療

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

「自宅で簡単にできるいびき対策ってないかな?」

 

「市販のグッズじゃ効果がいまいち…」

 

いびきは自分では聞くことができないからこそ、指摘されるとものすごく気になってしまうもの。

 

ひどくなるといびきは騒音扱いとなり、離婚の原因になることもあるそうです。

 

一言で「いびき対策」といいますが、いびきの原因や症状によって効果が期待できるものは違います。

 

いびき対策をしているのにいまいち効果が出ないと感じているのなら、それはもしかしたらあなたのいびき対策には合っていないのかもしれません。

 

実は、いびき対策には8つもの方法があるのです!

 

ここでは、そんないびき対策を完全網羅しちゃいましょう。

 

8つすべての方法を紹介します。

 

@いびきレーザー治療

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

レーザーというと、シミ取りや脱毛など美容関連の治療のイメージがありますが、いびきの治療にもレーザーが使われることがあります。

 

いびきが起こる原因のうち、「喉の奥に舌が落ちて気道を塞ぐ」というものに効果的で、喉の口蓋垂周辺をレーザーで焼き切って広げるのです。

 

口蓋垂周辺が原因で気道を塞いでいるためにいびきが起こるので、その部分を改善すればいびきも治るということ。

 

レーザー治療は痛みも出血も少なく、日帰りでの手術がOK。

 

手術後は喉に炎症が起こっているため飲酒や喫煙、激しい運動などの制限はかかりますが、日常生活に支障がないこともメリットの1つ。

 

診察でレーザー治療が必要と判断されれば健康保険が適用になるため、トータル費用は5万円ほどになります。

 

Aいびき専用サプリメント

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

手軽さから人気があるのが、いびき専用サプリメント。

 

疲れやストレスなどで喉の筋肉が弛緩していびきを招いているタイプに有効です。

 

コエンザイムQ10やビタミンEなど弛緩した喉の筋肉に働きかける成分、ストレス緩和に良いGABA、疲労回復効果のあるビタミンB1などが配合されているものを選びましょう。

 

「サプリを飲んでいるから大丈夫だ」と安心することもいびきの改善に繋がることから、日々ストレスを感じやすい人にもおすすめです。

 

いびき専用サプリメントはたくさんありますが、

この3つが人気が高いのでチェックしてみてくださいね!

 

Bマウスピース治療

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

マウスピースには市販のものと歯医者さんで作るオーダーメイドのものとがあります。

 

マウスピースをはめて寝ることで顎が下がるのを防ぎ、気道を確保することが目的。

 

喉に脂肪がついている人や顎が小さい人、口呼吸の人に特に改善が期待できます。

 

マウスピース治療は自分の骨格に合っていないと意味がないので、やはりオーダーメイドしてもらうことをおすすめします。

 

軽度のいびきなら、高い確率で改善効果が期待できますよ!

 

マウスピースは保険適用の場合で1.5万円〜2万円ほど、適用外の場合は4万円〜5.5万円ほどが目安となります。

 

大抵のマウスピースは透明で目立ちにくいので、いびき対策をしていることもバレにくいですね。

 

Cいびきグッズ

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

いびきを改善するために、まず多くの人が試すのが「いびきグッズ」だと思います。

 

ドラッグストアなどで売られているものも多いので、手軽に試せますよね。

 

いびきグッズにはどんなものがあるのかというと、

  • 口呼吸を抑制するテープ
  • ノーズピン
  • 顎サポーター
  • 鼻腔拡張テープ
  • まくら

などがあります。

 

Amazonや楽天などの大手通販サイトで検索すると、たくさんのいびきグッズが見つかりますよ。

 

口呼吸の人は「口呼吸抑制テープ」、鼻がつまりやすい人は「ノーズピン」「鼻腔拡張テープ」など、自分のいびきの原因に合うものを選んでみてください。

 

ただし、いびきグッズでの対策はあくまでも「一時しのぎ」でしかありません。

 

今すぐにいびきを止めたい!というときにはおすすめですが、いびきを根本から治すことはできませんのでご注意を。

 

DCPAP(シーパップ)療法

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

CPAPとは持続式陽圧呼吸療法のことで、主に睡眠時無呼吸症候群の治療に用いられます。

 

疲れやストレスなどによる、一時的ないびきには使えません。

 

CPAPはスクリーニング検査でAHI40以上、もしくは確定診断でAHI20以上の場合に健康保険が適用となります。

 

鼻に装着したマスクから空気を送り、一定の圧力を気道にかけることでいびきを改善します。

 

喉のスペースを確保し、強制的に押し開くためCPAPを装着するといびきはほぼ確実になくなるでしょう。

 

CPAPは医療機関からレンタルすることが一般的で、費用は月4,500円ほど。

 

効果覿面な反面、マスクをする違和感や周囲にバレバレなことなどがデメリットでもあります。

 

Eダイエット療法

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

肥満の人は喉にも脂肪がついていて、それによって気道が狭くなっていびきを招いています。

 

太っていていびきがある人は、まずはダイエットをしましょう。

 

カロリー管理や栄養バランス、適度な運動を行います。

 

このとき、決して「食べない」などの極端なダイエットはしないでください。

 

健康にダイエットをすることを意識しなくてはなりません。

  • 野菜中心の食生活にする
  • いつもより長く歩く
  • 間食をやめる

など、食べて動くことがポイントです。

 

腹八分目まで食べて、少し意識して体を動かしましょう。

 

健康的にダイエットをすれば、リバウンドもしにくいのでおすすめです。

 

Fツボ療法

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

いびきの改善に効果があるとされるツボを刺激することも、いびき対策の1つ。

 

ここではツボを2つ紹介します。

 

■迎香(げいこう)
小鼻の両わきにあるツボで、鼻の通りを佳くする働きがあります。
鼻づまりによるいびきに効果的。

 

■人迎(じんげい)
のど仏から指2本分外側にあります。
左右それぞれあり、首回りの血行を良くする働きがあります。
どちらのツボも、人差し指や中指を使って優しく押しましょう。
くれぐれも、アザができるほど強い力では押さないでくださいね。

 

G漢方療法

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

体質改善が期待できる漢方にも、いびきの改善効果が期待されているものがあります。

 

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  • 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

 

この2つの漢方は、それぞれ疲れ、こじれた風邪などに効くとされる漢方なのですが、いびきにも効果があると言われています。

 

漢方を取り扱っている耳鼻科や、漢方薬局などで「いびきを治したい」ことを伝えましょう。

 

いびきの原因から、あなたに合いそうなものを選んでくれますよ。

 

いびき対策・治療法:まとめ

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

いびきの対策、8つの方法について紹介しました。

 

漢方やツボでいびき対策ができるとは知らなかったので、「こんな方法もあるんだ!」と驚きましたね。

 

ここで紹介した対策法は、いびきを一時的に改善するものから、いびきの原因を根本的になくすものまで様々。

 

どの対策で効果が出るかは、いびきの原因によって異なります。

 

いびきの原因を知り、自分に合った対策を見つけていきましょう。

 

 

「いびきの原因と治し方11選」へ戻る

 

 

いびき対策を完全網羅 こんな治療法があったなんて知らなかった!

page top